サムスン、折り畳みスマホ(フォルダブル)の有機ELディスプレイを公開2018/11/12ニュース

サムスン、折り畳みスマホ(フォルダブル)の試作品を公開Source:japanese.engadget.comサムスン電子は2018年11月7日、アメリカ合衆国サンフランシスコのモスコーニセンターで「サムスン開発者カンファレンス2018」を開催し、実用化仕様で用意された有機ELディスプレイの折り畳みスマホの試作品を公開しました。米国法人のジャスティン・デニソン上級副社長によると、画面サイズは、画面を広げた状態だと7.3インチで、2つ折りにするとポケットに入る4.58インチになるそうで、その強度は、「数十万回の折り畳みに耐えられる」とのことです。通話や持ち歩きの時には画面を折り畳んだままで、映画を見たりゲームをしたりする時には画面を広げるといった使い方を提案しています。なお、画面を広げると3つのアプリを併用することが可能なようです。サムスンのスマホ事業を率いるコ・ドンジン社長は「フォルダブルは私どもの会社がモバイルの技術をどう再定義しようとしているかを表す好例だ」と主張しました。また、この開発者会議にはグーグルの担当者も参加しており、「フォルダブルスマホをAndroidでサポートしていく」と発表しました。サムスンの折り畳みスマホ(フォルダブル)は、2019年前半にリリースされる見込みSource:japanese.engadget.com2018年11月8日付の数種類の韓国紙は「サムスンはフォルダブルを2019年前半にリリースする見込みだ」と報じました。現在、スマホ市場は市場が成熟化したとの見方が強くなっています。2019年に登場してくる折り畳みスマホ「フォルダブル」はスマホ市場の火付け役となるのでしょうか?まとめサムスン電子は2018年11月7日、画面を折り畳むことができるスマホ用の有機ELディスプレイを公開しました。サムスン電子の折り畳みスマホは、2019年前半にリリースされる見込みです。

Source: サムスン、折り畳みスマホ(フォルダブル)の有機ELディスプレイを公開 | エックスモバイルブログ

このページのトップへ